口コミや評判を基に徹底調査!東京都でおすすめの遺品整理業者を比較ランキングで紹介!

遺品整理業者に必要な許可証を知っておく

身内が亡くなって家族だけで遺品整理をしようと思っても難しい場合も多く、そういう時に業者を利用すると思いますが必要となる許可証を持っているのかどうかをしっかりと確認しましょう。

 

一般廃棄物収集運搬許可証が必要になる

遺品整理の過程で不要品を回収する必要があります。

不用品を回収するためには一般廃棄物収集運搬許可証が必要になります。

これは各市町村が出しているものです。

しかし実際に許可が出る割合はそれほど高くありません。

新規の申請すら受け付けていない市町村があるほどです。

自前で一般廃棄物収集運搬許可証を持っていないのであれば、それを持っている委託業者に依頼して不用品を回収してもらっているのが現状です。

もし一般廃棄物の許可を持っていないのであれば、それを持っている委託業者がいるのかどうかをしっかりとチェックしましょう。

一般廃棄物と似たようなものとして産業廃棄物収集運搬許可証があります。

こちらは事業を行う上で出てきた産業廃棄物を回収することができますが、一般家庭の不用品を回収することはできません。

遺品整理に関しては産業廃棄物ではなく、一般廃棄物に該当しますので間違いないようにしてください。

許可がない業者が不用品を回収すると不法投棄をする可能性がありますので、不法投棄によって迷惑を被るのを防ぐためにもきちんと一般廃棄物の収集運搬の許可を持った業者に依頼しましょう。

 

中古品の売買をするなら古物商許可証が必要になる

遺品の中には骨董品や絵画など価値があるものもありますので、そういうものに関してはただ回収してもらうよりは売却したほうが良いです。

遺品整理を依頼した利用者にしても売却することができればお金が入ってきますので利用者にとっても得をします。

ただ業者であれば誰でもそういうことができるのかというとそういうわけではありません。

中古品の売買を行うためには古物商許可証を持っている必要があります。

遺品を買い取りたいと言われたのであれば、古物商許可証を持っているのかどうかチェックしてみてください。

古物商の許可を得るためには各都道府県の公安委員会に申請を出す必要があります。

許可が出れば古物商許可番号が与えられます。

もしチェックをするのであれば古物商許可番号が本物かどうかを確認してみるといいでしょう。

 

遺品整理士の資格を持った業者に依頼するのがいい

遺品整理をやってもらうのであれば、遺品整理士の資格を持っている業者に依頼した方がいいでしょう。

遺品の取り扱いについてきちんと講義を受けて、試験に合格しないと得られませんので少しでも信頼ある業者に依頼したいのであれば、こういう資格を持っている業者に依頼すべきでしょう。

この仕事は別に資格がなくてもやることはできますが、資格を持っていた方が信頼できますので、信頼できる業者に仕事を依頼したほうが間違いないでしょう。

遺品整理という仕事自体は最近注目を浴びている仕事で、業者がどんどん参入しています。

業者が多くなった時に、きちんと許可証や資格を持った業者を選ぶことができるのかどうかがポイントです。

そういう信頼できる業者を選ばないと遺品を乱暴に扱ったり、不法投棄されたり、残しておきたい遺品が不用品回収されるなどトラブルが起きてしまいます。

無用なトラブルに遭わないために、業者選びはしっかりとしましょう。

 

遺品整理をするに当たり、不用品を回収するならば一般廃棄物収集運搬許可証が必要です。

ただし委託した業者が持って要ればそこに頼むのでも構いません。

不用品の売買をするならば古物商許可証が要ります。

遺品整理を依頼するならば、遺品整理士の資格を持った業者に依頼をするのがいいです。

 

 

サイト内検索