口コミや評判を基に徹底調査!東京都でおすすめの遺品整理業者を比較ランキングで紹介!

遺品整理士になるには資格が必要?

最近、街の話題に上ることが多くなって来たのが、遺品の整理方法ではないでしょうか。特に東京のような大都市圏では、家族同士が一緒に住むこと少なく、別々に所帯を持つことが多くなったことが、その理由にも挙げられています。
日本社会全体で核家族化が進むことで別々の家庭となり、更には物が豊富な時代となったことで、家の中にはたくさんのものが溢れるまでになって来ています。物の数が多くなったことから、個人での遺品等の整理に時間がかかるようになってしまい、後始末や整理を専門家に依頼する人が多くなりました。そんな仕事を引き受けるのが遺品整理士で、民間の認定試験に合格すると与えられるものとなっています。

 

格家族化で遺品の整理が大変な時代

高齢になった方々の頭の中には、家の中に溢れるようにある家財道具を、いつ・どのように処分しようかと考える人が多くなったと言われています。その理由として、高齢者の孤独死と言うことが話題にもなり、残された家族に迷惑をかけたくないと言うことが本音の所ではないでしょうか。
そこで思い切り、断捨離を進めてみようとする人も多いようですが、実際には途中で止めてしまう人もいると言われます。それには想い出がいっぱいあり、簡単に捨てることが出来ないとか、まだまだ使えると言ったことから、捨てることに対しためらいを感じてしまい、結局は整理が進まないままとなってしまうことが多いのでしょう。
そうしているうちに、整理が出来ないまま、残された家族に託すと言うことが、一般的なことになっています。その結果残された家族が、これら遺品を含め、残された家具や電気製品等の処理をすることになってしまうのです。残された家族には、この遺品の整理に追われる時間がないと言う人も多く、今度は整理の専門業者を探すことになってしまうことになります。

不要品回収業者とは大きく違う職業

残された家族が業者に仕事を依頼する場合、整理専門の人に頼む場合と、無許可で行うことが出来る不用品回収業者があります。この違いが、簡単に判るのが料金とも言われます。仕事の方法が全く違うことから、料金の比較は出来ないのですが、ついつい安く済む業者を選んでしまい、後で失敗したと感じる人も多いのが現実です。
特に東京のような街では、たくさんの業者がいてその選別が難しくなっています。そのためにも、遺品として残す必要があるもの、不要品として始末して良いもの、販売出来るような高額なものがあれば、その価格も調べて販売もしてくれると言った良心的に作業をしてくれる業者を探し、絶対失敗しないことが望ましいでしょう。

資格があることで依頼主から大きな信頼を得る

この良心的に仕事をしてくれるのが、遺品整理士です。整理・処分することから、供養まで行ってくれるため、離れた所に住む家族にとっては、とても頼もしい存在になります。認定書を持つ整理士は、確実に仕事をこなしてくれることになり、その信用を傷つけることなく仕事をしてくれます。
なぜそれほどしっかりとしているかというと、もし担当した誰かが少しで汚点を残すと、他の整理士まで迷惑をかけてしまう恐れがあるからです。お金に絡んだ仕事でもありますので、処分には慎重さも求められ、責任の重い仕事を行います。
なお、この資格取得には講座を受ける必要があります。養成講座を受けることから始まり、講座が終わり次第レポートの提出になります。レポートがキチンと出来ていると判断された時点で、合格通知が届き認定証がもらえることになります。整理士に認定されることで、お客様からの信頼度も大きく違うことになると知っておきましょう。

 

これからの時代、ますます必要とされると考える職業に遺品整理士があります。家財道具が多くなり、個人では処理・処分が難しくなって来ていることと、核家族が原因と言われます。資格があることで、依頼主から信頼されることが、大きなメリットとなっています。